運動不足とうつの関係とは

いらいらを感じたりなんとなく落ち込んでしまって気分がはれないということは
多くの方が経験することですが、こうした症状がうつの始まりというケースもあります。

心の風邪とも言われるこの病気はなかなか理解されにくいということもあり、
本人だけでなく周囲の関心も大事になってくるのです。

うつになる原因はさまざまですが、過度なストレスや睡眠不足、
そして運動不足が挙げられるのです。

体を動かすことは自律神経を刺激して心と体のバランスを取ることができるので、
この病気には大変重要なポイントとなるのです。

特に運動不足の方はウォーキングやジョギングなど、どなたでもできる軽い運動
でも十分に効果を発揮することができます。

ウォーキングなどをした時に一定のリズムが足を伝わって体、脳と振動を与えますが、
この一定のリズムが脳内物質のセロトニンの分泌を促します。

このセロトニンの正常な分泌がこの病気の症状の改善に大変役立つのです。
もともとこの病気は脳内物質のセロトニンの不足により発症するとされているので、
薬でセロトニンを補う治療も行われているのです。

心身のバランスを整えるための運動不足解消のウォーキングが脳内のセロトニンの分泌を促して、
病気の症状を軽くすることができるのでまさに一石二鳥と言えるでしょう。

このうつという病気はどなたでもかかる可能性があるもので、特別なものではないということを知り、
運動不足解消をして予防することが大事です。